アーカイブ

2014年5月 のアーカイブ

2014年5月30日 金曜日 弁護士自転車(3) 東京~京都 の続き

(2)の続き

4日目は,ドラゴンズファンでありながら初名古屋ドーム!こんなにドラゴンズファンがいていいの!?って感動しながら調子にのって応援歌歌っておりました。
その後名物手羽先やどて煮等を,ビールで大量に流し込みました。祝杯ではなかった気がしますが…

 

 

5日目夜,ひこにゃんの街彦根では,東京でも普通にある「極楽湯」に入った後,公園で野宿をしてみました。

6時ころ既に起きて散歩している人が多くて,恥ずかしくて目が覚めました。

 

最終日に,一山越えて京都の街が広がっていた感動はひとしおでした。
その後,新撰組関連のスポットを中心に観光!

 

また行きたいですけどねぇ。

 

555502506_240

2014年5月28日 水曜日 弁護士自転車(2) 東京~京都 6日間600km(1)

 

弁護士櫻井です。

引き続き自転車について。

 

司法試験合格の頃は,サイクリングについてますます本格派になり,合格発表直前には,東京から京都まで6日間かけてクロスバイクで走破しました。大学院の友人田中くんと共に。

 

 

1日目,川崎辺りで,同じような自転車野郎のベテランの方に,「はじめてか,気をつけてな。」って声をかけられたり,浜名湖の橋を渡るときには,明らかにバックパッカーな私達を見て車上から「がんばれ~!」って励ましてくれる人がいたりして,ほっこりしました。

 

 

3日目の豊橋では,10年に1度の大型,とニュースで言っていた台風に遭遇しました。おかげで自転車はパンクするわ,ずぶぬれになるわで大変でした。他の日は経費削減のため,いつもネットカフェに泊まっていましたが,この日は唯一リッチに?ホテルに泊まりました。

本当はこんな見通しの悪い日に自転車を走らせてはいけませんね。自転車で人を轢いても交通事故で,時によっては1億近い賠償をしなくてはならないのだから。
(続く)

 

552786736_81s

2014年5月26日 月曜日 弁護士自転車(1) 1日40km大学院自転車通学

弁護士の櫻井です。

元大学の応援団新感覚な体育会系弁護士の私は,司法試験受験時代はよく過度なサイクリングをしていました。

 

 

クロスバイクという,マウンテンバイクとロードバイクの中間ぐらいの性能の自転車(当時の愛車:ソン・ドンヨル)に乗って,雨の日以外は毎日,当時住んでいた西東京市から市ヶ谷にある中央大学法科大学院(距離約20キロメートル)に通っていました。目白通りルート,早稲田通りルート,青梅街道ルートを,その日の気分によって選んで疾走していました。もちろん車道の左側を走ります。

自転車は小回りが利くからいいですね。よく,多摩~新宿のいろんなラーメン屋に寄っては,せっかく減ったカロリーをわざわざ補給していました。

 

最近では,「弱虫ペダル」という大ヒット自転車漫画の主人公が,同じように中学から秋葉原まで毎日数10キロを自転車通っていましたね。

この経験のおかげで,大学の応援団時代で鍛えた体が更に絞られ,精神力が増し,司法試験合格の原動力となった気がします。

サイクリングは,ジョギングと違ってそこまで苦しくないからいいですね~。

 

61903686_137

2014年5月23日 金曜日 残業代請求(2) 裁判等の手続

おはようございます。弁護士の櫻井です。
今日も引き続き残業代請求についてご説明します。

 

 

残業代の請求について,会社が和解に応じて来なくても,残業代請求については,裁判所に申し立てることが当然できます。

 

 

比較的短期間で裁判所にて行われる労働審判が有効です。基本的には100日程度3回で終わることを目指す話し合いベースの手続きです。裁判所がいたいけな労働者の味方になってくれることが多いです。

 

 

もちろん,労働審判に会社側が異議を唱えたときや,いきなり裁判をしたいときは,裁判をすることができます。

 

会社側が不誠実な場合,賃金と同額のペナルティー金も合わせて認められることがあります。利息(遅延損害金)も高いです。
なお,会社の資金状態がよくなくて破産しそうなときも,労働基準監督署が立て替えて一定程度支払ってくれる場合があります。

詳しくはこちらの制度をご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shinsai_rousaihoshouseido/tatekae/index.html

 

 

当事務所では,これらの残業代請求は,事案によっては,初期費用無料等,柔軟にご相談に応じております。 お気軽にご相談をお待ちしております。

 

 

弁護士 櫻井 俊宏

2014年5月21日 水曜日 残業代請求(1) 残業代請求

弁護士の櫻井です。暑くなってきました。そろそろクールビズですね。
今日は残業代請求についてお話ししたいと思います。

 

 

残業代はもらえなくて当然と思っていませんか。そんなことはありません。むしろ,会社にしっかり意見する覚悟があれば,本来もらえるはずの残業代を後から請求することは簡単なことです。

私は,これまでに,IT系,飲食業,理容系等さまざまな業種の残業代請求に携わってきました。

 

 

1日8時間を超える労働時間分については,弁護士に依頼すれば,それほど困難なく会社に請求できるのです。
タイムカードが証拠として残っていれば当然請求できます。それがなくても,手帳にかかさず労働時間を記載してきたという証拠だけでも残業代請求はできます。
もし,何らの証拠もなくても,普通の会社は,情報を改ざんするわけにはいかないと考えるのが通常なので,会社が勤務時間表を開示することに応じてくることもあります。

 

会社としては,残業代を請求されていることが他の従業員にも知れたら大変なので,あわててこちらに協力して来たり,和解に応じてくることが多いです。
もし,会社が和解に応じて来ないときも有効な手段がいっぱいありますが,それは次回お話しします。

 

 

弁護士 櫻井 俊宏

2014年5月
« 2月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
カテゴリー
RSS

page top