0422-28-7131 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:30~18:00

遺産相続に関する記事一覧

  1. 司法書士法人As birds >
  2. 遺産相続に関する記事一覧

遺産相続

遺産相続は、その手続が煩雑かつ法律の専門知識を要するだけでなく、一歩間違うと親族間で相続トラブルを招くことになってしまうため、事前の準備を十分に行い、慎重にその手続を進めていく必要があります。特に、遺言に関することや遺産分割協議に関することは、遺産相続をするにあたって、最も相続トラブルが起こりやすい場面のため、細心の注意を払う必要があります。そのため、遺言の扱いや遺産分割協議などを行う際には、自分で調べたり、専門家に相談するなどして適切な知識をもって臨んだり、時には専門家に同席してもらうなどして慎重に進めていくことが求められます。また、遺産相続をしないという選択をする場合でも、相続放棄には申述書や戸籍謄本などに関して、煩雑な手続がつきまといます。そういった手続をスムーズに進め、できるだけ相続手続から早く手を引くためにも、専門家に相談、依頼することは重要であると言えます。

遺産相続に関する基礎知識や事例

  • 相続財産の名義変更相続財産の名義変更

    被相続人が亡くなると、被相続人が所有していた財産は相続財産として各相続人に分配されます。 しかし、相続財産を継承しても、何もしなければその財産は被相続人の名義のままとなってしまいます。そこで、...

  • 相続人調査相続人調査

     相続人調査とは、相続人特定のための戸籍調査のことで、相続を行うのであれれば避けては通れない手続の一つです。というのも、たとえ親族内ではその家族関係が明らかであったとしても、第三者から見れば明ら...

  • 遺産分割協議書作成遺産分割協議書作成

     遺産分割協議書とは、遺産分割協議において、決定された内容を記載した書類のことです。では、そもそも、遺産分割協議とは何でしょうか?遺産分割協議とは、各相続人の相続分を相続人全員の合意の下に決定す...

  • 相続放棄相続放棄

     相続放棄とは、文字通り相続に関する権利の一切を放棄することです。相続放棄は代襲相続や限定承認を含めた全ての相続に関する権利を失うため、相続放棄を行うのは、ある特定の相続人が家業を継ぐためにその...

  • 限定承認申立書作成限定承認申立書作成

     限定承認とは、相続財産を相続する際に、相続財産を超える債務を相続せずに済む方法のことです。一見便利な方法に見えますが、限定承認を行うには相続人全員の合意やその後の清算手続の煩雑さから、実際には...

  • 遺産相続を司法書士に相談するメリット遺産相続を司法書士に相談するメリット

     遺産相続には、多くの手続が必要です。その中には、煩雑な手続や、法律の専門的な知識を要するものもあり、普通は自分だけで対応するのは困難です。  そのため、相続手続は、遺産相続に詳しい専門家に相...

  • 孫に遺産を生前贈与するには孫に遺産を生前贈与するには

    ■生前贈与とは 生前贈与とは、自分が生きているうちに、将来の相続人に対して財産を渡しておくことをいいます。生前贈与には多くのメリットがある一方で、確実に行うための注意点にも留意しなくてはなりませ...

  • 生前贈与と遺留分侵害額請求生前贈与と遺留分侵害額請求

    そもそも、遺留分侵害額請求とは何なのでしょうか。そもそも、遺留分制度とは、相続の場合に、必ず相続財産の一定額を保障して、相続人を保護するもので、遺留分侵害額請求とは、遺留分を持つ相続人が被相続人...

  • 無効にならない遺言書の作成方法無効にならない遺言書の作成方法

    遺言書は、遺言者の死後の法律関係を簡明にし、相続人間のトラブルを防止するため作成される書面です。財産の処分の方法について意思表示されるのが一般的で、種類としては、普通方式遺言(通常の遺言)として...

  • 遺言書にはどのくらい効力がある?遺言書にはどのくらい効力がある?

    遺言書は、死後の法律関係を定めるための最終意思表示であり、被相続人が死後の自分の財産の行方を定めるためのものです。 この遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三種類があり、それぞれ...

  • 相続放棄ができないケースとは相続放棄ができないケースとは

    相続人は、相続が自己のために開始したことを「知った」時から3ヶ月以内に、単純承認するか、限定承認するか、相続放棄をするか、選ばなければなりません。 ここで一度、相続の承継について選択した場合には...

  • 相続放棄をした人がいる場合の遺産分割協議書の書き方相続放棄をした人がいる場合の遺産分割協議書の書き方

    ■相続放棄とは 相続放棄とは、被相続人が残した遺産を全く受け継がないことを指します。 相続放棄をした相続人は、最初から相続人ではなかったことになります。 そのため、相続放棄によって相続人となるこ...

  • 相続登記の義務化|過去に行った相続も対象になる?相続登記の義務化|過去に行った相続も対象になる?

    相続をする際に、土地や建物といった不動産の名義を変更する「相続登記」は、これまで任意とされてきました。 しかし、2024年の4月からは、法律の改正に伴って相続登記が義務化され、必ず不動産の...

司法書士法人As birdsが提供する基礎知識

  • 注目される民事信託

    注目される民事信託

    民事信託は、高齢化が進み、財産管理や遺産承継におけるニーズが多種多様に広がる昨今、これまでの制度以上に...

  • 個人再生すると車は手放さないといけないか

    個人再生すると車は手放...

    ■個人再生とは 個人再生とは、借金を減額するために行う債務整理方法のうちの1つです。裁判所を介して行う...

  • 事業継承の重要性

    事業継承の重要性

    平均寿命の上昇といった社会的背景や、事業承継時期の遅れにより社長在任期間が長期化し、中小企業経営者の高...

  • 事業継承の種類

    事業継承の種類

    一口に事業承継といっても、事業承継には大きく分けて3つの種類があります。 以下では、事業承継の種類につ...

  • 個人再生手続き

    個人再生手続き

    個人再生手続とは、法律で定められた金額を業者に支払って借金を整理する方法です。借金で支払いきれなくなっ...

  • 信託を成立させる方法

    信託を成立させる方法

    民事信託を成立させるには信託契約の締結、遺言、自己信託の3つの場合が存在しています。 ■信託契約 委...

  • 保険金の請求

    保険金の請求

    生命保険における被保険者が死亡した時は、死亡保険金を請求することになります。 一般的には、死後2~3か...

  • 事業譲渡との違い

    事業譲渡との違い

    ■事業譲渡とは 事業譲渡とは、会社の事業の一部または全部を他に譲渡することをいいます。 事業に関する資...

  • 限定承認申立書作成

    限定承認申立書作成

     限定承認とは、相続財産を相続する際に、相続財産を超える債務を相続せずに済む方法のことです。一見便利な...

よく検索されるキーワード

ページトップへ